ひらめきは雨のように

霊的な観点から現実の心の紐解きへ                         サイト内の文章、画像の無断転載引用はご遠慮ください。

憑依体質

なんでそんなに自分を嫌いになってしまったんだろう。

生まれつき自分を嫌いな人っていないし 忘れちゃってるだけで元々は自分がイヤじゃなかったんじゃないか。 自分が嫌で嫌でしょうがないという人にかぎって 大抵の人が優しくて誠実な人だったりします。 たとえば 私みたいな言いたい放題で破天荒な人間を す…

アセンション症候群とかツインレイ症候群やらと

アセンション症候群 ツインレイ症候群。これらは注意喚起をしても、きっと意味がないですよね。 自分に起こった出来事に スピ系の何かを当てはめると 神秘的な体験と共に真実だと思い込んでしまう。霊的な世界は 「ほしい」があると二重、三重の罠が現実でも…

本当にあったせつない話(期間限定note無料公開にしました)

noteへ3記事書いてから久しぶりのログインをしてみました。販売に期待せず、ここで書きづらかったこと 個人の考察として明かしたもの 非難も浴びそうな内容でもあったので 有料にしたんですが、私noteの相場がよくわかってなかったみたいです。100円単位で…

子供の頃、水の中で息ができた人いませんか

子供の頃、水の中で息ができた経験のある人いませんか。私の2度の臨死体験?に近い経験でずっと記憶にあること。 kbkb8.hatenablog.com 脳のバグと言われたら これもまた反論しようもないんですが 小学校2年生の夏休み。 家族旅行で海水浴に行きました。浮き…

頭の中でじゃんけんほい!

たまーに、ひまなとき 私と少し似ている息子とのお遊び?は今もときどき。「アタマの中でひとつしか思い浮かべないルール」での私と息子のじゃんけん(笑) もう成人をとっくにすぎてる息子と ふとあるごとにジャンケンをすると お互いがアタマに2パターン浮…

「やればできる子」

このフレーズ 何度言われたかわかりません(笑)「元気があればーなんでもできるー!!」にも似てる(笑) やる気も元気もない自分はなんなんだろう。 言葉にならない思いはたくさんありました。 何度も親の期待に応えようとして「やる!」それを繰り返せばきっ…

冷え込みとうつ病

急に冷え込みました。発達傾向の人、空気が変わるとうつっぽくなりませんか。「冬季うつ」なんて言葉もあるぐらい気温や気圧に敏感な人も多いです。昨日は通院日でした。 今これと言って、なにかあるわけではないんですが 私は調子がコロコロと変わりやすい…

恋愛について降ってくるメッセージ

便利な時代になりました。 家にいても心のご相談が受けられる。 ありがたいと心から思います。私にできそうなこと。 これぐらいしかないんですけど 「できる」んじゃないんですよね。伝えさせてもらえる そういう場に居合わせてもらえる機会が多い。 HSPやエ…

それでも憑依体質という概念は残したい。

・憑依体質とは受け身的感受性が強い感情の起伏が激しいもらい泣き、笑い、怒り人の心の傷みを感じやすい人間関係で苦労する想像力豊か思い込みが激しい人嫌い(etc.) 言い出せばキリがありませんね。 「HSP」とカブるところも多いです。 程度の差はあれど…

アンネリーゼ・ミシェル事件の考察(境界性パーソナリティ障害の可能性について)

悪魔に取り憑かれたとして有名な女性。ドイツ出身。 1968年の16歳頃から震えなどの異変が身体に出始め、精神科医に「てんかん」と診断される。薬を処方され暫くは落ち着いていたが、やがて普通のてんかんの症状を逸した症状が出始め、幻覚を見たり、身体を何…

スピリチュアルから見た妊娠、つわり

「妊娠」憑依体質でなくとも リアルで自分の身体に他の魂が入っている状態。よく言われていることが 自分の性質と似ているタマシイだと つわりが軽い傾向。 そうじゃない場合はつわりが重い傾向に。 どうでしょうか。 「当たってるー」「そーかな~?」ぐら…

憑依体質の「身体に入られる」②

続き。 そういうことが度々あったので 外に飲みに行くことを意識的に避けるようになってきたとき。 前の職場でお世話になった人と偶然の出会い(笑) 10年ぶりでした。「今度、飲みに行こか(私は関西です)」まあ、10年ぶりだし ひょっとしたら、そうならない…

憑依体質の「身体に入られる」①

世間でいう「エンパス能力」とは違う話。「人の感情が入ってくる」この次元の話ではなく 「身体に入られる」肉眼で見えなくともワサワサと近寄られてるときから感じる。 入られたら、だる重く自分の意識が頭の隅に追いやられているはっきりした感覚。 違う人…

憑依体質、ADHD、HSP、インディゴチルドレン、などなど。

どれも私が言われたことのある言葉です。 (ADHDは診断済)私が自分の「ADHDに気づいた道のり」 世間からしたら、きっと遠回りすぎたけど 振り返れば、人やその他のことが複雑に絡み合っていました。30半ばを過ぎ、生まれてはじめて続いた仕事は 「薬局…