スピリチュアル界のスナフキンと呼ばれています

スピリチュアル、ときどきADHDのこと                   サイト内の文章、画像の無断転載引用はご遠慮ください。

アンネリーゼ・ミシェル事件の考察(境界性パーソナリティ障害の可能性について)

悪魔に取り憑かれたとして有名な女性。ドイツ出身。 1968年の16歳頃から震えなどの異変が身体に出始め、精神科医に「てんかん」と診断される。薬を処方され暫くは落ち着いていたが、やがて普通のてんかんの症状を逸した症状が出始め、幻覚を見たり、身体を何かに持ち上げられベッドに何度も叩きつけられる。彼女の意思とは関係なく物凄い力で体を動かされたりする。 薬を飲んでも治まらず、やがて蜘蛛や蝿を食すようにもなり、自傷行為が酷くなる。とても本人の声とは思えない声で汚い言葉を吐いたり、彼女が知りもしないラテン語を喋るようにもなった。彼女は自分が悪魔に取り憑かれたのだと考えた。 1973年(20歳)の時、両親はついに教会に悪魔祓いを頼むが拒まれる。 医者にかかり再び薬を処方されるも症状とその現象は悪化していった。 1975年、22歳の時、ようやくヴュルツブルク司教会は悪魔祓いの許可を出し、カトリックのエルンスト・アルト司祭(41歳)とアーノルト・レンツ(67歳)がエクソシズム(悪魔祓い)を行う。司祭が「お前は誰だ?」と心に思うと、悪魔は返事をし、名を名乗った。アンネリーゼにはなんと6体もの悪魔が取り憑いていた。この際の肉声テープも存在する。 6体の悪魔 ルシファー(堕天してサタンとなったとされる地獄の王) カイン(アダムとエヴァの息子。アベルという弟を殺し、人類最初の殺人者とされる) ユダ(十二使徒のひとり。キリストを裏切った) ネロ(キリスト教徒を迫害し後世暴君と評されたローマ皇帝バレンティン・フライシュマン(1572年から1575年にかけてエットレーベン教区で司教を務めたが堕落した聖職者であった。4人の子供を持つも、女、酒、暴力に没頭し、司教館で撲殺事件を起こしたという記録を残す) ヒトラー(近代史のドイツの悪名高い独裁者) 2時間以上にわたるエクソシズムでマリアに関する言葉を悪魔に言わせて悪魔祓いは成功する。 しばらく後、アンネリーゼ・ミシェルはマリアに出会い、「悪魔に取り憑かれて苦しんでいる人が大勢居る。その為にもう一度悪魔に憑かれたまま、命を捧げてくれ」と頼まれる。 彼女は悩んだ挙句、マリアの言葉に従うことにする。そして悪魔に再び憑かれ食事も摂らなくなり1976年7月1日他界した。23歳であった。 まだ若いのに聖母マリアや悪魔に取り憑かれた人達の為に命を捧げたということで、彼女のお墓には沢山のキリスト教徒が来るという。 尚、その後彼女の両親と神父は起訴され、裁判の結果両親と神父は過失致死で懲役刑、執行猶予6ヶ月という判決を受ける。 この経緯は「エミリー・ローズ」という映画にもなった。 アンネリーゼ・ミシェル - Wikipedi

アンネリーゼ・ミシェル - 311CLUB Draft


「アンネリーゼ・ミシェル事件」ご存知ですか。

憑依体質とADHDとの関係を調べていたとき
点が少し繋がったような感覚で見えてきたことでもありました。

ADHDと霊感(感受性の強さ)や精神疾患
脳の伝達物質系の疾患。


「1968年の16歳頃から震えなどの異変が身体に出始め」

ADHDの私は9歳頃から声や手の震えがありました。
私の時代でもこの震えの正体がなにかわからず
長年かけてたどり着いた診断名は

私の場合は「本態性振戦」という
現代では神経内科の部門
良性疾患とされる命には別条のない
けれど普段の生活で困ることの多い疾患です。

てんかんADHD傾向のある人に多いですよね。


「身体を何かに持ち上げられベッドに何度も叩きつけられる。
彼女の意思とは関係なく物凄い力で体を動かされたりする」

この部分もトゥレット症候群の可能性が浮かぶんです。

「やがて蜘蛛や蝿を食すようにもなり、自傷行為が酷くなる。
とても本人の声とは思えない声で汚い言葉を吐いたり
彼女が知りもしないラテン語を喋るようにもなった。
彼女は自分が悪魔に取り憑かれたのだと考えた」

ストレス性の異食はめずらしいことではないですし
私自身はこういう伝わった話は「盛られている」と
通常モードで考えてしまうくせもあります。
ラテン語自体はカトリックとの関連も深いのでなんとも言えませんが

音声からではADHDの二次障害でよくありがちな境界性パーソナリティ障害
統合失調症も起こしていたのかもしれないとも捉えてみます。


もし彼女がボーダー(境界性パーソナリティ障害)だとすれば
クリスチャンだったアンネリーゼが口にした悪魔の名前も理解できるんです。

ボーダーの症状が出る際に半分意識がないような状態で口にすること
本気でそう思い込んでいたらそうなるでしょうから。


私の中での疑問は

「なぜ外国での憑依現象は有名な悪魔の名前ばかり
みんな口にするんだろう?」


この疑問がボーダーの概念を取り入れると
わかりやすくはなりました。
周りや本人もそう思い込んでいるからだと。

ここまで歴史的な事件になることはそうないか
今はあっても表には出ないだろうと思うんですね。



そして霊的な目線で言えば
感応しやすい憑依体質がさんざん振り回されたあとに
低級霊がますます関与しやすくなる。


ADHDと霊感」というカテゴリを私が作っているのはここも大きいんです。

「その気になって」「引き寄せてしまう」ことの危険性。


霊能者という立場は病名の診断は下せませんよね。
実際責任も取れない。

けれど3分診療の精神科の診断では見逃されていることが
たくさんありそうにも思います。



エクソシストの映画などで
大元の話は「多重人格」ではないかとの指摘も
ときどき見ることもありますが

私としては境界性パーソナリティ障害の可能性が高いのではと
それに加えて霊的関与があった可能性のケースは私の経験上では1件です。


だから、そうそうめったにあることではないとは思うんですが
これはあくまで私個人の思い込みかもしれないし
見解にしかすぎません。
興味のある方の判断は自己責任でお願いいたします。




怖いのが苦手な方はご遠慮ください。


エクソシスト (実話)